人材紹介会社や再就職支援会社の担当者を変更できることをご存知ですか

人材紹介会社の担当はどのようにして決まるか

 あなたが転職を希望し、人材紹介会社に登録をすると「はじめまして。◯◯様の担当をさせて頂く株式会社◯◯◯◯の△△と申します・・・」と通常はメールで第一報が入ります。実はこの時点であなたの担当は決まっています。あなたにメールを送ってきた本人が担当です。
 では、どのように担当が決まるのか。あなたが登録された職歴や経歴や希望業界や希望職種を確認してから一番相応しい担当が選任されるのが理想ですが、実際にはそうではないケースの方が多いです。以前に私が籍をおいていた医師専門の紹介会社は単純に順番で割り振られていました。順番に担当を決めるのが一番公平だったりします。
 「えっ!」と思われるかもしれませんが、紹介会社の給与はインセンティブ制度を導入しているところが大半です。登録された方を求人企業に紹介し、成約にいたった場合に紹介手数料の何割かがインセンティブで基準給与にプラスされることになります。ですので、ベテランの優秀なコンサルタントだけに担当をさせると、経験の浅い未熟なコンサルタントはいつまで経っても担当を持てないので、給与も上がらずヤル気を失います。かといってコンサルタントの給与をみな同じにすると、成約してもしなくても給与が一緒なので誰も必死で紹介をしないです。
 必ずしも単純に担当を決めている紹介会社ばかりではありませんが、まだ一度も会ったことがない登録者の担当を熟考して決めることなどできません。担当者と性格が合わないといった不具合がでてきて
当然です。

再就職支援会社の場合はどうか

 人材紹介会社は星の数ほどありますので、担当者が気に入らなければ黙って利用を止めて、別の紹介会社を利用すれば解決することもあります。ところが、早期希望退職制度に応募された場合には、会社が用意した再就職支援会社を利用することになりますので選ぶことができません。再就職支援会社の担当はどのように決まるのかというと、利用者の性別・年齢などから平等に割り振ることになります。200名の利用者に対して5名のコンサルタントがいる場合、平等に40名を担当をすることになります。
 いずれにしても、人材紹介会社も再就職支援会社も利用者の希望を無視した形で担当が決まります。一番の問題かもしれません。

では、どうするのか

 答えは単純です。人材紹介会社の担当者も再就職支援会社の担当者も希望を伝えて変更して貰いましょう。本人に直接に伝えるのが難しい場合は責任者に相談しましょう。大丈夫です。担当者を変更したからといって何も起こりません。気まずくなることもなければ、支援が手薄になることもありません。
担当者と信頼関係が構築できなければ、自分の「第二の人生」を安心して任せることなどできません。あなたと同じ業界出身者、職種経験者、これから転職もしくは再就職する業界や職種に精通した担当者に人生を託しましょう。転職経験がない担当者に転職支援はできません。同じ業界の経験がなければ職歴を理解して貰えません。特に再就職支援会社の担当者とは長い付き合いになるかもしれません。お互いに人間です。相性があります。心を許せる何でも話せる
担当者を選びましょう
転職・再就職の成功の第一歩は、信頼できる担当者に出会うことにあるといっても過言ではありません。皆様が心から信頼できる担当者に出会えることを祈っております。

 

 当社では初回に限り90分間の無料キャリア相談を実施しております。顔を合わせての面談がベストですので当社までお越しいただきたく思いますが、交通費を負担していただけるならば指定の場所まで伺います。勿論、電話やメールでの相談も可能です。無料キャリア相談をご希望の方は下記へご連絡ください

 TEL : 075-321-4683
 ※不在時には折り返しお電話いたします。留守電にメッセージをお願いします。

 メールでのお問い合せはこちらよりお願いします

関連記事

ピックアップ記事

  1. 当社の教育・研修プログラムは、病院・クリニックはもとより大手上場企業、中堅中小企業で豊富な実績がある…
  2. 中高年就活塾の受講対象者はこのような方です ●会社都合で退職することになったが、再就職支援サービス…
  3. 身内に相談しても反対されるだけ  ご両親に転職の相談をされた場合、「今の時代に転職だなんて・・・お…

おすすめ記事

  1. 2018-8-1

    内定辞退の連絡は「手紙」で十分です

    電話で内定辞退を伝える必要がない理由  「内定辞退はビジネスマナーとして電話で伝えましょう。」と…
  2. 2017-7-13

    履歴書はA4用紙2枚で提出してもよいのでしょうか

    履歴書はA4用紙2枚で提出しても問題ありません  最近は年賀状を自作される方が多いので印刷用にプリ…
ページ上部へ戻る