「1週間前の内定辞退は可能でしょうか。この場合、損害賠償の請求をされるのでしょうか・・・」という質問への回答

1週間前どころか前日の内定辞退も可能です

 まず、最初にお断りをしておきますが、内定辞退の連絡は1日でも早くした方がよいです。面接に進まれ、採用担当者と対面で会話し、受付の応対態度や廊下ですれ違った従業員の態度や様子などから組織の雰囲気を肌で感じ、最終面接では役員や社長の考え方・人柄に触れた結果、自身や家族の人生を懸けるに値しない企業だと判断されたならば、早い段階で内定辞退すべきです。
 民法第627条第1項に

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。
この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

とありますので、内定辞退は入社日の2週間前までに行わなければならないと思われている方が多いと思います。
 ここでは、予期せぬ出来事が発生し、入社日の直前に内定辞退をしなければならなくなった場合についての回答を記載します。その場合には、極端な話、前日でも内定辞退は可能であるということをお伝えしたい訳ですので、下記に記載するような予期せぬ出来事を偽って悪用しないでください

予期せぬ出来事とは、例えば、入社直前に体調を崩してしまい勤務できなくなったとか、元気だった父親が急逝し、家業を継がないといけなくなったとか、親の介護が必要となり勤務地への転居ができなくなったとか・・・の場合です。こういった出来事は予測不可能で、入社したくても入社できない状況になった訳ですから、その理由を内定先企業にきちんと説明し、理解していただくしかありません。

 通常の内定辞退であれば、手紙 (文書) による内定辞退をおすすめしておりますが、の場合の内定辞退は電話で直接に伝えるようにしてください。直ぐに納得され、あなたの今後を自分のことのように心配してくれる企業もあれば、多少の嫌味や文句を言う企業もありますが、あなたへの期待の裏返しだと思って我慢して聞いてあげてください。
 電話するメリットとして、内定辞退の理由によっては企業サイドから打開策が提案される可能性があります。体調を崩して入社予定日からの勤務が不可能であれば、入社日の延期を提案されるかもしれません。また、転居できなくなったのあれば、全国展開している企業であれば、近くの勤務地での採用を検討して貰えるかもしれません。こういったメリットもありますので、やはり誠意を持って直接にお話しするのがベストでしょう。

 電話越しに大きな声で暴言を吐いたり「直ぐに謝罪に来い」といった対応をするようなブラック企業は、しっかりと内定辞退の意志を伝えたら電話を切りましょう。入社する前にその企業の隠された真の姿が見えて、あなたは本当にラッキーでした。内定辞退したからといって報復されることはありません。絶対に呼び出しには応じないようにしましょう。

 ちなみに、中小企業の中途採用では、月曜日に面接に行くと「では、早速ですが、来週の月曜日から勤務をお願いします。」と内定から入社日までにそもそも2週間の余裕すらないことが多々あります。ですので、必ずしも入社日の2週間前までに内定辞退をしないといけないという訳ではありません。

損害賠償を請求されることはありません。一部、例外あり。

 労働基準法第5条には

使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によつて、労働者の意思に反して労働を強制してはならない。

とあります。損害賠償を請求すると脅して内定辞退を取り消すよう仕向けるブラック企業もあるようですが、そうした企業から損害賠償の請求書が送られきても支払う必要はありません
 内定辞退が相当に悪質 (信義則上の義務に著しく違反) であり、故意に企業サイドに多大な損害を与えたと判断された場合には、企業の損害賠償の訴訟が認められるかもしれませんが、上に記載するような予期せぬ出来事による内定辞退では損害賠償の請求が認められることはありません。2002年より再就職支援・転職支援をしておりますが、内定辞退で損害賠償を請求されたことは一度もありません。

 内定辞退したにもかかわらず、「内定辞退は認めない」「損害賠償の訴訟を起こしてやる」「謝罪しに来い」などと執拗に連絡をしてくる企業があれば、労働基準監督署に相談をしましょう。

 入社直前の内定辞退はトラブルの元です。内定辞退はできるだけ早く連絡をする方がよいでしょう。初動ミスが原因で相手が激昂し、感情のもつれからトラブルに発展すると後処置に追われます。気分が滅入ります。万が一、予期せぬ出来事が発生して、入社直前に内定辞退をしなければならなくなった場合は誠意ある対応を心掛けてください。

 

 当社では90分の無料キャリア相談を実施しております。最近は特に内定辞退に関する相談が多くなってきています。内定辞退にご不安がありましたら一人でお悩みならず、先ずは相談してください。個々人のおかれた状況に応じた対策を検討します。無料キャリア相談は下記で受け付けております。

 TEL : 075-321-4683
 ※不在時には折り返しお電話いたします。留守電にメッセージをお願いします。

 メールでのお問い合せはこちらよりお願いします

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 当社の教育・研修プログラムは、病院・クリニックはもとより大手上場企業、中堅中小企業で豊富な実績がある…
  2. 中高年就活塾の受講対象者はこのような方です ●会社都合で退職することになったが、再就職支援サービス…
  3. 身内に相談しても反対されるだけ  ご両親に転職の相談をされた場合、「今の時代に転職だなんて・・・お…

おすすめ記事

  1. 2018-8-1

    内定辞退の連絡は「手紙」で十分です

    電話で内定辞退を伝える必要がない理由  「内定辞退はビジネスマナーとして電話で伝えましょう。」と…
  2. 2017-7-13

    履歴書はA4用紙2枚で提出してもよいのでしょうか

    履歴書はA4用紙2枚で提出しても問題ありません  最近は年賀状を自作される方が多いので印刷用にプリ…
ページ上部へ戻る