履歴書・職務経歴書は誰のために作成するのか


Warning: preg_match() [function.preg-match]: Compilation failed: unrecognized character after (?< at offset 10 in /home/anchor-and-vision-co-jp/public_html/wordpress/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 382

履歴書・職務経歴書は誰のために作成するのか

 「再就職するために作成するのだから自分のためじゃないですか。当たり前のことを聞かないでよ。」と即答される方は、少しこれを機会に考えを改めて頂きたいと思います。
 履歴書も職務経歴書も「ビジネス文書」です
。ビジネス文書の目的は「用件を正確に、わかりやすく、簡潔に伝える。」ことです。ビジネス文章は読む相手のことを最優先に考えて作成しなければなりません。
 ところが、履歴書・職務経歴書を読む相手が「採用担当者」であるにも拘わらず、採用担当者を無視した独りよがりの履歴書・職務経歴書をよく見掛けます

内容が薄くて活躍イメージが湧かない

 就活塾の受講生に「この内容で書類選考に合格するのは難しいですね。」と正直に伝えると「大丈夫です。わたし話すのは得意なので、面接に呼んで貰ったら詳しく説明します。」と自信満々でお答えになられる方がおられますが、履歴書・職務経歴書の内容が薄いとあなたの事を理解しようにも記載された内容以上のことは分かりません。あなたに関心が持てないので、面接で詳しく話を聞いてみたいと思いません。
 即戦力を期待される中高年は、内容の薄い履歴書・職務経歴書を送付しても書類選考を通過できません。面接官は採用するのが仕事です。採用する可能性がない方の面接をしている暇などありません。

過去の経歴を時系列に並べただけ

 逆に過去の経歴を詳しく時系列で記載された「職務経歴書」は、目を通すのも苦痛なので最後まで読んで貰えるかどうかも微妙ですが、目を通して貰えたとして、あなたが過去に実施してきた仕事内容はよくわかるのですが、結局は「当社で何ができるのだろう・・・」と肝心なポイントがぼやけてしまいます。

読む相手のことを考えて作成しよう

 履歴書・職務経歴書を作成する上で大事なことは、今回の求人に対して「私は以前にこんな経験をしています。この経験を活かせば貴社でこんな活躍ができます!」と的確に伝えることです。求人情報を細部までよく吟味し、求められているスキルは漏れなく職務経歴書に記載しなければなりません。そういう意味では履歴書・職務経歴書の使い廻しはできません。一度作成したら終わりではなく、求人企業毎にカスタマイズしなければなりません。
 なかなか面接に進めない方の履歴書・職務経歴書を確認させて貰うと使い廻しされていることが非常に多いです。極端な話、作成年月日だけを新しい日付に書き換えて応募しているのです。これでは書類選考を突破できません。ラブレターもコピペしたものより自分のためだけに書いてくれたものに心を奪われます。履歴書・職務経歴書もコピペかどうかは読めば気付きます。会ってみたいという気持ちにならないのです。面接官は履歴書・職務経歴書というラブレターを日本中から、場合によっては世界中から何十通、何百通と貰っているのです。お返事を貰うのは簡単ではありません
 なかなか面接に進めない方は、個別に想いを込めた履歴書・職務経歴書を作成して挑戦してみましょう。履歴書・職務経歴書は自分のために作成するのではありません。読む相手
のことを考えて作成するという姿勢が一番大事です。

 

 当社では初回に限り90分間の無料キャリア相談を実施しております。履歴書・職務経歴書の作成でお悩みの方は無料相談を受けてみませんか。90分の無料相談で十分に修正可能です顔を合わせての面談がベストですので当社までお越しいただきたく思いますが、交通費を負担していただけるならば指定の場所まで伺います。勿論、電話やメールでの相談も可能です。無料キャリア相談をご希望の方は下記へご連絡ください

 TEL : 075-321-4683
 ※不在時には折り返しお電話いたします。留守電にメッセージをお願いします。

 メールでのお問い合せはこちらよりお願いします

関連記事

ピックアップ記事

  1. 身内に相談しても反対されるだけ  ご両親に転職の相談をされた場合、「今の時代に転職だなんて・・・お…
  2. 中高年就活塾の受講対象者はこのような方です ●会社都合で退職することになったが再就職支援サービスが…
  3. 当社の教育・研修プログラムは、病院・クリニックはもとより大手上場企業、中堅中小企業で豊富な実績がある…
ページ上部へ戻る